子供産まれてからは話題はもっぱら子供についてばっかりですw

2010-02-27

記憶に絶対残る演技・銀ではなくプラチナメダルの真央ちゃんお疲れ様!

キムチ国のお金と不可解な得点にまみれた金メダルより、女子フィギュアの歴史上初の3アクセルを決めた真央ちゃんの演技の方が素敵だったよ。点数がなんだよ。あんな不透明で不可解な点数のつけ方ないだろ。

どうして4回転はおろか、回転不足の3回転しか飛んでない人が、男子トップ3のライサチェック、プルシェンコ、高橋氏よりも上の点数ばっかりなんだろうね。プラス点数のGOEが、一人だけ合計20点以上とか、バカなの?死ぬの?審査員の皆さん、もう少しうまくやらないと、八百長なんだか操作なんだかしらないけど、
バ     レ     バ    レ    ですよ。

私の(個人的感情も微妙に混入した)上記の文章が (゚Д゚)ハァ? な方は、こちらの分かりやすい映像をどうぞ!合成音声なので、最初は慣れないかもしれないけど、それで見る価値はあると思いますよ。


video


音声が無理!って方にはこちらをどうぞ。


video

長野以前の、どの国がどの点数つけたって瞬時にでるあの点数のつけ方が良かったよ。何よりわかりやすかったし!あと、「あ!この国すっごい点数厳しい!」とか、「すごいいい点数つけてる!」とか
評価が分かるのを見てるのも楽しかったし。


てか、真央ちゃんのメダルって、プラチナでしょ?



GOE(プラス得点)の獲得表

フリーGOE女子        フリーGOE男子
1位 ヨナ: 17.40        ライサ: 9.64
2位 真央: 8.82          プル: 7.68
3位 ロシェ: 4.42         高橋: 3.20
4位 長洲: 8.50         ランビ: 2.58
5位 安藤: 5.30         チャン: 3.80




→  ヨナ : 1 7 ・ 4 0      

(参考評価 : ライサチェック : 9.64)



えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーとっっっ!
何かな、これ。

キムチの謎の爆上げ点数のGOEって

 G : 強引に
 O : お金で
 E : 得た得点 って意味ですよね。わかります(_Д_)


難しい技や、体力の限界に挑戦するのは今のフィギュアスケートの競技内ではムダなことなんか?こんな意味不明なバカ上げ点数を1選手だけにあげるような競技、いらないでしょ。もうオリンピック種目じゃなくていいんじゃん。長野の頃とかの、SPからエキシビジョンか!? 何このすごいスピン! ジャンプ!って、どの選手を観ててもドキドキするような雰囲気にできない競技なんかいっそなくなれ。


*************************************************************:
「アクセルを2回跳べたのは良かったが」悔し涙の浅田真央、銀メダル
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1123694&media_id=97

バンクーバー五輪第14日の26日(日本時間)、フィギュアスケート女子フリーがパシフィックコロシアムで行われ、金メダルには合計228.56 点のキム・ヨナ選手、銀に205.50点の浅田真央選手、地元カナダのジョアニー・ロシェット選手が202.64点で銅に輝いた。安藤美姫選手は5位、鈴 木明子選手は8位、日米両国籍を持ち、米国代表として出場している長洲未来選手は全体最後の24番目の滑走で4位となった。

 ショートプログラム(SP)では首位に立ったキム・ヨナ選手は21番目に登場。演技終了後には力強いガッツポーズとともに、涙を見せた。表示された得点は、世界最高で150.06点となった。

 4.72点差で2位につけていた浅田選手は22番目に登場し、トリプルアクセルを2回成功させるも、中盤のジャンプで着氷が乱れて131.72点に終わった。

 試合後のインタビューでは、この4分間を「長いようなあっという間のような」と答え、こらえ切れず泣き出した浅田選手。「自分のできることは、 すべてできたので。悔しいけれど」「(トリプル)アクセルを2回跳べたのは良かったと思いますが、ほかの部分でミスがあったので、全然納得はできていな い」と言葉少なく語った。

 バンクーバー五輪での熱い戦いは終わったが、4年後のソチへ向かっての新しい日々が明日からまた始まる。この悔しさを受け止め、浅田真央選手のさらなる活躍を期待したい。(編集担当:李信恵・山田武志)

0 件のコメント: